2016年12月27日

新薬オプジーボはどこまで治療できる?

がん免疫
オプジーボは免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれる薬。通常、がん細胞が体の中にできるとキラーT細胞という免疫細胞が、がんを攻撃する。しかし、がん細胞は攻撃されないように、免疫細胞にブレーキをかけるPD-L1という物質を作り出すことができる。オプジーボはその免疫機能のブレーキを外して、人間の身体が本来持っている、がん細胞を叩く力を発揮させる薬なのだ。

しかしながら、一番心配な有害事象は薬剤性の肺障害です。日本人は抗がん薬などで肺障害を起こしやすい人種と言われ、注意が必要です。オプジーボでは肺障害は起きても軽症で済むことが多いと思われますが、死亡例が出た報告もあります。肺障害のない患者さんから使い始め、慎重に見ていく必要があると思います。

もろ手をあげて、これでもう大丈夫と言えないもどかしさがあるようだ。それでも、これからも目を離せない治療法ではあります。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:45 | Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

最近になって、もしかしたら?

ホルモン治療中、人知れず不安に思っていた副作用がありました。
物忘れが多くなる。
年齢的にも心配なのに、進んでいるように思えた。
今やろうとしていたことが、次に気になることが起きるともう忘れる。
お覚えたつもりがよくある。
歳のせいかな〜、でも?と思いながらの不安な生活でした。そして、諦めが早いのも自問自答していた。

そして今、もしかしたら副作用も絡んでいたかもと思われることがおきている。
最近、100から7を引き算していく認知症予防に挑戦してみたら、思ったより上手にできた!
しばらく前は、最後までいけなかったり諦めることが多かったので心配でした。
今2か月近く薬のない生活になり、試してみました。
私の思い込みかどうかは、今しばらく様子をみようと思います。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 11:56 | Comment(6) | ホルモン治療終了して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

ホルモン治療の副作用が辛く止めて20日の体の変化

頭皮や耳鼻の乾燥は、少し和らいだ。
副作用の対策に、カルシュウムとビタミンD、そして血圧対策に降圧剤を飲んでいましたが、すべてやめてみました。
血圧は高止まりで、10日目から症状が出ました。
頭がぼんやり、顔がほてり、肩が凝る。
仕方がありません、降圧剤の出番再開となりました。
ホルモン治療中では、運動も塩分控えめも、効果なしでした。
ホルモン治療薬を卒業した今なら、運動も塩分控えめも効果が期待できるのではと思いたい!



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:23 | Comment(4) | ホルモン治療の年数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする