2017年05月04日

自律神経の乱れが、高血圧になり、汗がとまらない! 横隔膜呼吸法で老化防止も!

血圧降下剤の副作用、私の場合、口内が乾き喉の痛みと痰が絡む。
血圧降下剤の副作用には、長く服用するために、案外深刻なものもあるようです。

できれば、薬はいつかやめたい。

最近知った情報によると、自律神経の乱れが血圧に大いに関係あるようです。
自律神経には、交感神経と副交感神経がアクセルとブレーキの役割で、常にバランスがとれていれば、ストレスがなく、汗をかいても少ししたら収まるし、感情も上手にコントロールできる状態でいられる。
交感神経はアクセル、副交感神経がブレーキの役目なのが、この副交感神経は自分の意志では動かせないものなので、手を動かすようには簡単にいきません。
そこで、一日2回の横隔膜呼吸法が、副交感神経を働かせてくれるようです。

まずは、自律神経が乱れているかどうか、簡単に調べる方法。
@ 映画の泣けるシーンで、泣けるかどうか?
A 辛い物を食べて、汗をかいたら少しして汗がおさまるかどうか?
  泣けない、汗が止まらない人は、交感神経が乱れている。

副交感神経を高める、一日2回の横隔膜呼吸法でバランスをとりましょう。老化防止にも!
横隔膜を上げる呼吸法は、横になりお腹に手をのせお腹を膨らます、同じように胸を膨らます呼吸です。

呼吸法、詳しくは http://ainailona.org/oukakumakukokyu/

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 10:59 | Comment(2) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

がん検診が簡単に正確にお安くできるようになりそうです。

がん発見には、タイミングやものによっては発見が非常に難しかったり、辛く痛みを伴う検査になります。

先日ある番組で、一滴の尿から、かなりの確率(93%)でわかる、線虫での検査方法が放映されていました。それも2020年と言う近い将来に確立されるという。

その後はがんの種類(部位)を的確にわかるよう、研究が進められているようです。

患者にとっては、メリットが大変大きいので、期待したいところです。

詳しくは
http://www.mugendai-web.jp/archives/5131

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:21 | Comment(2) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

ホルモン治療を終了して、初めての検診

昨日はじめての6ヵ月検診がありました。
血液検査では、範囲内数値でクリア。
聞いてなかった、触診がありましたが、まあ大丈夫でしょう。

この程度の検診がこれから、6ヵ月間隔であるんだろうなとほっとしたところで、次回の予約の話。
私は、4月、10月を検診日にしようと考えて、4月の検診を待ってホルモン治療を終了にしたんです。
ところが、病院の都合で4か月後の8月になりました。ということは、暑い8月と寒い2月だわ〜。
おまけに、胸のX線線検査とマンモグラフィー+超音波検査と盛りだくさん。
5年間繰り返された検査を、こらからの5年間もあるのかと思うと、その必要性があるのかな〜とがっくりです。
血液検査から、延べ3時間20分にホルモン治療を終了の解放感もなく、束縛間に包まれての帰宅となりました。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 11:40 | Comment(6) | ホルモン治療終了して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする