2017年07月13日

認知症を起こす脳のゴミ、(アミロイドベータ)を捨てる方法。

アミロイドβ(脳のゴミ)は細胞で発生し脳に溜まっています。その時、血管がしっかり拍動していると脳で作られたアミロイドベータは脳の外へと押し流され最終的に体の外に排出されます。
しかし、何らかの原因で拍動が弱まってしまうとアミロイドベータもその場で停滞。脳の外へ流れ出ることができなくなってしまうのです。これがアミロイドベータを捨てられない大きな原因の一つです。

血管の拍動の低下は運動不足や暴飲暴食、喫煙などの生活習慣の乱れにより動脈硬化を促進することが最大の原因です。大切なのは血管の拍動を強くしてアミロイドβを捨てる力を高めるための予防・改善法です。
脈拍が感じられる速足の散歩を、10分〜15分。
そして、皮付きピーナツを10粒〜15粒を食べることで、アミロイドβ(脳のゴミ)は捨てられます。

今日から、私は始めます。朝の散歩を早歩きにして、皮付きピーナツを15粒食べる!
認知症は心配。なにしろ物忘れもありますから、せっかくの情報ですから、できることはすぐやらないと!

詳しくは、https://tvmatome.net/archives/7537 「名医とつながる!たけしの家庭の医学」


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:55 | Comment(4) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

地域猫の事故死に出会った、涙が止まらない

朝、いつものようにラジオ体操の場、地域猫と一緒の運動公園に行ったら。
お世話をしているおじさんが、いつもの動きと違う。
一番のちび猫、ちびと呼ばれて遠慮がちに、食べにくる尻尾の綺麗な猫。
ちびが、大道路で死んでいると聞いて確認したところでした。
思わず私もついていきました。
道路の中ほどで、無残な姿で横たわっていました。昨夜の間に、他の猫に追いかけられて、いつもは行かない大道路に逃げてしまったんだろうと、おじさんはビニール袋を持って歩道まで運びました。
昨日もおじさんの、羽根のついた紐にじゃれついていたのに。
やっと、猫らしい姿を見られたのに! なんてこと。
これが、野良猫の末路で珍しいことでもないと言っていました。
私はもう、悲しくて涙が止まらず、ワンワン泣いてしまいました。聞いてはいましたが現実をみると本当に可愛そうで・・・
ここにいる猫達は、地域猫と言われて皆に愛されています。
でも中には酷い話もたくさんあって、自転車でめがけてツッコミ両手を骨折した猫(白は、おじさんに家猫として飼われています。)や、残酷にも手なずけて内臓が出るほど腹を刺して死なせた人、石を投げつける人や傘で突く人などいるそうです。
私は捨てられた猫が辛うじて生きていける、この子達は手術も受け管理されている猫です。
お願いですから、せめてそっと見守って、寿命を全うさせてほしい。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 10:17 | Comment(6) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする