2020年01月14日

本当だろうか

今日出会った記事は。https://gendai.ismedia.jp/articles/-/36154

結果は最初から決まっている

 毎年70万人が新たにがんにかかり、35万人ががんで死んでいる。治療技術は日々進歩し、新薬や新たな治療法が開発されているものの、人類ががんを克服するには程遠い。

 そもそも、最新治療を尽くしたのに亡くなってしまう人が大勢いる一方で、治療を拒否したのに生き続ける人もいる。いったい、なぜそのようなことが起こるのか。じつは、これには患者が知らない「がんの特性」が関わっているという。

「治るか治らないかは、発見されたときの大きさには必ずしも関係なく、発生したときから持っているがん細胞の性質で決まっているのです」


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:47 | Comment(15) | ホルモン治療終了して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当なのだろうか

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/36154

今日出会ったがんは、はじめから決まっている。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:37 | Comment(1) | ホルモン治療終了して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

何かあったら、来てください。

診察の終わりに言われる先生の言葉。
なにかとは、なんだろう。
想像すればいくらでもある。
疑心暗鬼のそれらを打ち消して、いや、特にはないのかな。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:47 | Comment(3) | ホルモン治療終了して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

乳がん検診に行きました。

年に一度の検診になって、2度目です。
全摘出した部分に、変なこわばりを感じたりしていたので、不安でした。

乳がんには、絶対大丈夫は言えない雰囲気がありますね。
医師も「もう大丈夫。」は言いません。
「また、一年後に来てください。」よくてこの言葉なのかな〜


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:11 | Comment(14) | ホルモン治療終了して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

医療センターの循環器内科から、近くの内科に紹介状で転院することに。

 私の血圧は、(上)145の(下)80 ぐらいがいいのかな〜

医師は「130ぐらいが、いいんだが。」と言っておられましたが、立ち眩みもしんどいし、ということで言い渡されました。
薬局の方のアドバイスも、「人それぞれ違いがあるのでいいのでは、ただし上がり調子でいくようならまずいです。」とのことでした。

中性脂肪値は、残念ながらちょっぴり増えてしまいました。糖質の摂りすぎかな〜


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:25 | Comment(2) | ホルモン治療終了して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

立ち眩みは血圧の薬のせい?

 10日ほど前、散歩がてらのラジオ体操の帰り、いつも地域猫の餌をおじさんと一緒に(関わりあった猫が地域猫でした。)あげるのですが、今までにない激しい立ち眩みがして、迷惑をかけたくないので、なんとか乗り切ろうと焦りました。
 以前抗がん剤を始めて受けたときの辛さに、受診をしての帰り、意識が遠くなり倒れたことがありました。その時に近いものでした。
なんとか悟られないよう、踏ん張って別れて、休みながら帰り着いたのですが、本当に危うい状況でした。
 前の経験があったので、かえりつきさえできればの一心でした。とにかく家に帰りさえすれば、落ち着く。
それから、降圧剤を止めて様子をみています。立ち眩みは起きていないので、降圧剤の副作用かなと思います。
 血圧は、上155・下85程度に落ち着いています。(降圧剤を飲んでいた時よりは10ぐらい、上も下も高いかな〜)
次回7月始めての診察で、相談できたらいいと思っています。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:09 | Comment(4) | ホルモン治療終了して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

ホルモン治療を自己判断で止めてから、2回目の血液検査

 血液検査の結果に大きな問題はない、触診も問題はないと言われてほっとします。
医師からの提案で止めたのではなく、副作用(身体に逆行する治療を止めたい)から逃れたいから止めた。
何かがあったら、自己責任と言われるのかな。
 これからのことは誰にもわからない。それが乳がんということのようです。
私にできることは、心穏やかに日々を過ごし免疫を高めること?
 昨日はそんなふうに考えながら、帰りました。
 次回は8月、検査のオンパレードの予定が組まれました。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:42 | Comment(2) | ホルモン治療終了して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

身体に残る不調は誰でも起こりうる?

初回の温存手術の際に受けたとされる、センチネル(脇高リンパ節郭清)生検によって、微妙な?あったとかなかったとかで、いくつものリンパ節をとられたらしい。
結果的には、それらのリンパ節にがんはなかった。
なのに、そのことによっての不調は生涯あるようです。それは、リンパ浮腫と言われる辛い症状です。
手術側の腕を下に寝ると、浮腫がおきる。
ということは、常に右腕が下の体制か上向きの体制で就寝するのですが、眠ってしまえばわからない。で、朝起きたら腕が重いし、浮腫みが酷くしんどい。
そんなこともあって、全身体操のラジオ体操通いが継続しています。少しはいいみたい。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 11:03 | Comment(6) | ホルモン治療終了して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

ホルモン治療をやめてから10か月目の検診

自分から申し出てホルモン治療をやめてからの、一通りの検査を受けての医師の見解は、転移はないでしょうとのことでした。
自分的には、一抹の不安はいつもあります。でも一応5年はホルモン治療を受けました。副作用は今思えば仕方のない我慢するものとしていましたが、6年目に入る日が来ると、副作用を身体に強いてこの先また5年もなのだろうか?
本当は必要のない人も多いこの治療。確かに必要で有効の人もいるでしょう。でも、私にはどうなの?
そして、つらいししんどいし歳以上に老化しているのも日々感じていた。
ある日もういい! と思ったのです。
昨日の検査で、今は大丈夫でした。この生活があと5年近く。
選んだホルモン治療からの卒業。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:02 | Comment(0) | ホルモン治療終了して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

ホルモン治療を終了して、初めての検診

昨日はじめての6ヵ月検診がありました。
血液検査では、範囲内数値でクリア。
聞いてなかった、触診がありましたが、まあ大丈夫でしょう。

この程度の検診がこれから、6ヵ月間隔であるんだろうなとほっとしたところで、次回の予約の話。
私は、4月、10月を検診日にしようと考えて、4月の検診を待ってホルモン治療を終了にしたんです。
ところが、病院の都合で4か月後の8月になりました。ということは、暑い8月と寒い2月だわ〜。
おまけに、胸のX線線検査とマンモグラフィー+超音波検査と盛りだくさん。
5年間繰り返された検査を、こらからの5年間もあるのかと思うと、その必要性があるのかな〜とがっくりです。
血液検査から、延べ3時間20分にホルモン治療を終了の解放感もなく、束縛間に包まれての帰宅となりました。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 11:40 | Comment(6) | ホルモン治療終了して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする