2014年07月17日

高濃度ビタミンC療法を使用したガンの再発防止・転移予防について

高濃度ビタミンC療法を使用したガンの再発防止・転移予防についての記事を見ました。
高濃度ビタミンC点滴療法とは
超高濃度ビタミンCは身体にもっとも優しい抗がん剤の1種です。ビタミンCは自分が酸化されることで強力な抗酸化作用を発揮します。
化学療法 異なった作用の複数の薬剤の組合せで相乗的にガン細胞を殺します。
IVC療法 大量のビタミンC点滴投与により血中濃度を治療域の350-400mg/dlにすることで、ビタミンCはH2O2(過酸化水素)のプロドラッグとしてガン細胞に働きかけ、腫瘍を破壊します。
正常な細胞は過酸化水素を中和するが、癌細胞は中和できず死んでしまうと言う性質を利用した治療方法です。
乳がんにも効果があったとの記述もありました。
局所再発を経験したことで、転移・再発はいつも気になります。

 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:41 | Comment(2) | 高濃度ビタミンC療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする