2016年02月18日

病気にならない身体を作る、冬の免疫力アップ法について、たけしさんの番組で!

NK免疫細胞を活性化させることができる方法1
食後2〜3時間の間に、横になって腹式呼吸を20分間すること。おへあたりに手をのせ、お腹が上下するのを確認しながら、ゆっくりと鼻から息を吸い口から細く息を吐く。
これは、休んでいるリンパ球を、一番効率の良い食後2〜3時間の間に腹式呼吸をすることで、免疫細胞をたたき起こし活発にさせることで、NK免疫細胞を活性化させることができる。
試された方全員が想像以上に、NK活性検査で数値が上がっていました。

もう一つは、免疫細胞を鍛える方法として、41℃のお風呂に15分間つかる方法でした。
額にうっすらと汗が浮かぶ感じで、深部体温を上げることで、免疫細胞を元気に活発にする。
試された方が想像以上に、NK活性検査で数値が上がっていました。お一人方がいまいち効果が見られませんでしたが、一度の試しだけでしたので、何回かやっていると効果は出るとのお話でした。

みんなの家庭の医学で放送されていました。
http://asahi.co.jp/hospital/onair/160216.html

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 10:21 | Comment(4) | 免疫療法についてあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

がんの免疫療法とは、どういうことだ

今まで治療に免疫療法は考えたこともなかったし、その情報を知ろうともしなかった。
ただ、食べることや運動での免疫アップの努力はしたが、積極的に治療方法としては考えたことがなかった。
なんかもやがかかっているような療法のように思えている。

朝日朝刊にそのもやもやの情報が掲載されていた。

免疫細胞は異物を体内から排除しょうとする。これが治療方法のなりたちだ。
免疫が暴走や攻撃に抑制がかからないようにする、チェックポイント阻害薬の研究が進んでいて、これまでの免疫を強化する従来の免疫療法と組み合わせると効果が期待される可能性があると指摘していた。

国内では今も癌高原による様々な免疫療法が行われているが、効果は限定的。薬事法に基つ‘く承認を受けたものはない。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:03 | Comment(2) | 免疫療法についてあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする