2016年07月29日

現在遺伝子検査で再発のリスクがわかる?

現在遺伝子検査で再発のリスクがわかるようになりました。
ただ日本ではまだ保険適用外です。

乳がんに関わる21の遺伝子を解析し、再発リスクを0〜100の数値で表します。
そのため抗がん剤を今後の治療にとりいれるか、ホルモン療法だけにするか考えることが出来るんです。

これは今後の自分の治療方針を決めるのにとてもいいことですよね。
ただやみくもに抗がん剤治療をするというのも不安が大きいですが、目で見えるものでわかれば今後の方針を決めやすくなると思います。

日本でも、遺伝子検査で再発のリスクがわかるようになったら、無治療を安心して選べると思います。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:53 | Comment(4) | 術後の補助療法に悩む〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

骨粗しょう症と隣り合わせのホルモン療法

明日は病院です。
いつも何か問題を抱えて行くことになりますが、骨粗しょう症と隣り合わせのホルモン療法には、悩みます。
調べれば、なおさら迷います。
やみくもにしても、害は大きく実利はほんの数%の人達のようですし、私がその数%に入っているかわからない。医師の考えもそれぞれで、どのような基準で進めるのかもわからない。
なにか決めてが欲しい。
医師にこんな話はできるものでもない。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:14 | Comment(0) | 術後の補助療法に悩む〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

抗がん剤を受けてからの身体は、健康体と言える時がない

いつも何かしらの副作用に苦しみ、検査結果の異常数値に新たな不安を抱え、副作用が次の悪い検査結果をつきつけてくる。
外科医は気にする数値ではない誤差の範囲内と言い、内科医はこの数値は治療するべきだと言う。
治療すれば本当に、以前の身体に戻れるの?
今の状況は、少しの延命治療の副作用で不健康体にしているし、治療薬が次の不健康の呼び水になっているような感じ。
今度の結果はなんと言われるのか?
出来ることなら、何もかも見ぬふりをして過ごしたい。ストレスがなくなって元気になれるかもしれない。




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 15:40 | Comment(2) | 術後の補助療法に悩む〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

ホルモン療法は術後の補助療法、2回目がもうすぐ2年

初回のホルモン療法は1年2ヶ月で休止になった。
局所再発してしまったから。
なので、ホルモン療法は2回目、合わせて3年になります。
初回は、食後3回の経口抗がん剤も処方されたので、副作用が大変でした。
味覚障害で何を食べてもまずい!そして、けだるいし疲れる、手の荒れもひどかった。また頭皮も白い粉がふいたようで痒みが半端なかった。
経口抗がん剤とはいえ、長〜い副作用は辛いし体重も減った。(医師の有無を言わさない処方)
この経験から、再手術後の抗がん剤は短期のTCを選んだ。(医師は、飲んで休んでの2年のタイプ経口抗がん剤も提示したが、飲んで休むことは経口でもきついタイプ、経口は効かない傾向があることも・・)
このところ、いろんな情報を検索して、いろんな考え方で治療を選択されていることも知って、悩みました。
昨日、血液検査&胸レントゲン検査の際にやんわり聞いてみました、新担当医に。
少なくても、患者の話を無視する(前担当医のように、必要ないことは言わないんだ)なんてことはありません。
「ホルモン療法は5年やるべきなんでしょうか?」と私
「そうだね、今は10年ということも言われてきているから。」
「免疫を高めるのに、漢方薬なんかは?」
「証明されていないでしょう、あれは。」
「食べ物や、運動で出来ることをするだけですか。」
「・・・」
以上担当医との会話で、撃沈です。
とりあえず、検査結果では腫瘍マーカーは微妙に数値が下がっていました。(0になるものでしょうか?)
次週は、甲状腺の検査結果を知る日です。あ〜あ


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 11:56 | Comment(0) | 術後の補助療法に悩む〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする