2018年01月25日

血管年齢を下げれば、血圧も下がる。それには亜鉛摂取が効果的。

 副作用から始まった高血圧、そのために処方された降圧剤でまた副作用。
ちょっとの工夫でできることで血圧を下げたい。
 最近血管年齢を下げる(血圧を下げる。)ために必要なのは亜鉛ということがわかったそうです。
ただし亜鉛を摂取しようとすると、牡蛎や赤身肉やチーズやナッツやカニ等がよいのですが、案外コンスタントに食べるのは難しい。
 そこで紹介されていたのが、ちょい足しの食事。
ごまを振りかけてご飯を食べる、ちょい足し。
粉チーズ(パルメザンチーズ)をパンに振りかけで食べる、ちょい足し。(スープやみそ汁にも)
たまごの黄身にも多く含まれているので、私の場合片目玉焼き。
これにお肉や牡蛎、ナッツなどを意識して食べれば、必要量はクリアできそうです。
 血管年齢が若くなれば、急な血圧上昇でも血管のしなやかさで乗り切ってくれるということでした。
早速、パルメザンチーズとごまを買いました。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:59 | Comment(0) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

降圧剤を止めています。

 降圧剤を飲み始めて7年目、今勝手に降圧剤を止めています。
前に目薬の副作用を記事にしましたが、今降圧剤の副作用ではないかと思われる症状に疑心暗鬼でいます。
なので、目薬の時と同様薬を止めて様子をみています。
 喉の痛みや違和感に、喉頭がん? 違うでしょと思いながらも、違和感に悩みました。
それで、降圧剤の副作用か?を確かめるために、今降圧剤を止めています。
目薬の時ほど顕著ではありませんが、どうも楽になってきている? かな〜の感じです。 
 もちろん血圧の大丈夫な数値を調べてのことです。製薬会社がもうけるために下げられた数値にとらわれなければ大丈夫なことを確認しての決断ですが。
患者は大変。
製薬会社と国の思惑で、患者には不利な情報があふれているし、医師も結託していることもあるかな〜
 丸山ワクチンにしても、医師に免疫療法と口にしただけで、「確定していないでしょ。」と反論されましたから。
患者は本当に病気によい一番の治療をしたいだけで、過剰な薬や治療を望んでいるわけではありませんよ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:06 | Comment(4) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

目薬の副作用に驚いた!

 白目の血管がプチッと切れて、左目下半分が真っ赤に。
それが何日も何回も、異物感とツッパリ感と痛みにもう焦りました。
 考えて、目薬がもしかしたら原因?  と思い止めてみたら、2週間の今ほぼ治りました。
不用意にドライアイがきついからと、じゃぶじゃぶつけていたことが、かえって酷い状況にしていたようです。止めてみたら、出血は止まり、目もそれほどには辛くない!  ほっとしています。
 治療のためとはいえ、ホルモン治療や抗がん剤とその副作用を抑える薬と、身体にはとても負担をかけてきた。 
目薬の副作用を目の当たりにして、考えこんでしまいました。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:02 | Comment(9) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

目薬の副作用で、白目の血管が破れたのか出血した。

 一週間ほど前から、白目に出血が起きて下半分が真っ赤に!
以前にもありましたが、引きも早く自覚(痛みや痒み等)はありませんでした。
今回は睫毛が入った時のように違和感や痛みがあり、引きつれたような感覚での出血。
そして毎日のように繰り返して起きる不快感、恐ろしくなりました。
 思い当たることとしては、ドライアイ目薬の使い過ぎではないかと、一日やめてみました。
テレビやパソコンと、画面を見ることが多く良かれと思ってたっぷり使っていたのが、もしかしたらの理由と思われるのです。
そして今日、新しい出血は起きていません。
改めて副作用を調べてみると、かなり恐い副作用もあるようです。

目は歯のようには、変わりがありませんから本当に恐いです。このまま治りますように。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:15 | Comment(4) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

抗がん剤の副作用で辛い思いをしたが、自分なりの対処法でやってきました。

一番はやはり脱毛、眉毛、睫までもが抜けて、人知れず落ち込みました。
次は眉間、眉の下、鼻、両ほほに出た、皮膚の赤み。そして、頭皮の痒み。
4年目の今、皮膚科の見立てどうり2〜4年はかかる、効果のある薬というものはない。
ようするに抗がん剤が抜けて、身体がもとのように回復すればよくなる、というようなニュアンスでした。
私なりのやり方で良かったと思える方法を記載しておきます。
皮膚の赤みには、オルビスの化粧水(これは長いお付き合いの優しい化粧水です。)
それに3D形状復元ゲルで保湿します。(これは使い心地が気にいっています。)これを夏も冬もたっぷり使うこと3年、肌の赤みもほとんど消えて、そのうえ気にしていたシミソバカスがうすくなっています。嬉しい誤算でしたが、保湿に徹したのが肌に良かったようです。(紫外線よけの帽子は外せないアイテムです。)
もう一つ大きな悩みは頭皮の痒みと抜け毛でした。薬用シャンプーなども使いましたし、お湯だけでのシャンプーも試してみたのですが、少しの間は良いのですが長くはうまくいきませんでした。今、高濃度フラバンジェノールの夜用石鹸で頭皮を洗い始めて、痒みや抜け毛からようやく開放されました。
刺激がすくなく潤いが保たれる感じが良いのだと思えます。(適度なふんわり感が出るのも嬉しいです。)
ホルモン療法の副作用からかなり開放されて、治療をもう少し頑張っていこうと思います。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:14 | Comment(4) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

血糖値を下げる効果のあるリコピンの抗酸化力に期待したい。

抗がん剤治療後から、いくつもの体の不具合に悩まされている一つに、3ヶ月ごとに10ポイントも数値が上がる血糖値、生活は全く変えていない分、不安が大きい。
理想的な90から今や130です。血糖値を下げる効果のあるリコピンの抗酸化力に期待したい。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 14:09 | Comment(0) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

骨密度測定結果にため息

2回目の骨密度測定の結果は、ホルモン療法の副作用を知らしめるものでした。
老年期に入り否が応でも骨粗しょう症が心配なのに、わずか3年(ホルモン療法は実質2年5ヵ月)で10ポイントも落ちていたのは...      さてどうしたものか。
納豆にバナナヨーグルトは毎日の生活に馴染んでしまったが、適度な運動(最近小走りが良いと知った)に、じゃこやひじきをプラスしようか。

骨粗鬆症予防のためのカルシウム、ビタミンD、ビタミンK摂取目標

カルシュウム(800mg)は、    バナナヨーグルト・じゃこ・小松菜・干しエビ などから
                     (小松菜 じゃこ ごま)(干しエビ入りお好み焼き)
ビタミンD(400〜800IU)は、  鮭・さんま + 日光浴 などから
                   
ビタミンK(250〜300IU)は、  納豆・ブロッコリー・キャベツ などから
タンパク質(女性50g)は、     魚介類・大豆製品・肉などから

毎日のことなので、できる組立で長く頑張ることですから。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 16:04 | Comment(2) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

ホルモン療法の副作用には関節痛も

私の場合 ホルモン療法とともにひざ関節の痛みには朝一辛いのですが、治療法なので仕方ないかと思っています。
しかし、二度目のホルモン療法から半年後の手首の痛み(はね指と言われる症状)には長いこと悩まされています。右手首は3ヶ月で良くなったのに左手首はなかなか痛みが引きません。
そこで考えてみたのですが、右手は頭脳的作業で左手は力仕事が担当なんですね。左手って思いのほか過酷なんです。治れないんです。かと言って使わずには一日が終らない主婦はしんどい。温泉にでもしばらく浸かっていたら良くなれると思うのですが〜ね。湿布が手放せません。
関節痛なので、温めるのが一番のようです。お風呂に入るとすぅと痛みから解放されます。

めぐりズム 蒸気の温熱シート 爽快感プラス 16枚入

新品価格
¥1,246から
(2013/9/30 10:45時点)





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 10:39 | Comment(0) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

抗がん剤(ホルモン療法薬)服用中の手湿疹

私の場合、初回左胸温存手術を受けてホルモン療法に入ったわけですが、ひどい手湿疹に悩まされました。左手薬指、中指、小指と手指の間の広範囲に痒みと痛みで辛かったです。処方薬もあまり効きませんでしたし市販薬でも良くはなりませんでした。
我が家の困ったらこの薬、デントヘルス。発赤が両ほほに出て赤みだけではなく化膿しかけたときに使用しました。殺菌効果が強いので、口のまわりにできるヘルペスには良く効きます。でも、再手術のために再入院をして、服用していた抗がん剤とホルモン療法の薬をやめたら4・5日できれいに治りました。薬のせいか、水を使う生活を休んだせいかはわかりませんが。今ホルモン療法を受けていて、額と手指に症状が出始めるとデントヘルスのお世話になっております。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 11:11 | Comment(0) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

ホルモン療法とは、女性ホルモンを排除する治療?

少なくなった女性ホルモンをさらに抑制されると...夏でもお肌は保湿を欲しがります。

保湿対策に効果のある栄養素と食品
美白・老化対策に効果のある栄養素と食品 保湿効果がある栄養素は脂肪の多い魚類、種実類、植物油などに含まれるビタミンEで、これに水分摂取を心がける必要があります。乾燥の目立つ部位には保湿剤や保湿化粧品で潤いを与えたり、加湿器などで生活空間の湿度を調整することも考慮しましょう。

■保湿対策に効果のある栄養素と食品
ビタミンE たらこ・卵・うなぎの蒲焼・真鯛・にしん・ぶり・大豆・植物油・バター・マヨネーズ・ドレッシング・アーモンド・落花生・ごま・モロヘイヤ・かぼちゃ・アボカド
脂肪の多い魚 マグロのトロ・はまち・いわし・養殖真鯛・さば・にしん・ぶり・さんま・うなぎの蒲焼・鮭
植物油 オリーブ油・菜種油・しそ油・えごま油

そして、たっぷり使える保湿ジェル。
この夏、洗顔後オールインワンジェルをたっぷり塗って、BBクリームで紫外線除けを心がけました。また帽子と手袋が一年中のアイテム、これで乗り切りました。(痒みで気が狂いそうになった頭皮疾患には、薬用スキンケアシャンプー)






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:56 | Comment(0) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする