2015年09月14日

抗がん剤の副作用で辛い思いをしたが、自分なりの対処法でやってきました。

一番はやはり脱毛、眉毛、睫までもが抜けて、人知れず落ち込みました。
次は眉間、眉の下、鼻、両ほほに出た、皮膚の赤み。そして、頭皮の痒み。
4年目の今、皮膚科の見立てどうり2〜4年はかかる、効果のある薬というものはない。
ようするに抗がん剤が抜けて、身体がもとのように回復すればよくなる、というようなニュアンスでした。
私なりのやり方で良かったと思える方法を記載しておきます。
皮膚の赤みには、オルビスの化粧水(これは長いお付き合いの優しい化粧水です。)
それに3D形状復元ゲルで保湿します。(これは使い心地が気にいっています。)これを夏も冬もたっぷり使うこと3年、肌の赤みもほとんど消えて、そのうえ気にしていたシミソバカスがうすくなっています。嬉しい誤算でしたが、保湿に徹したのが肌に良かったようです。(紫外線よけの帽子は外せないアイテムです。)
もう一つ大きな悩みは頭皮の痒みと抜け毛でした。薬用シャンプーなども使いましたし、お湯だけでのシャンプーも試してみたのですが、少しの間は良いのですが長くはうまくいきませんでした。今、高濃度フラバンジェノールの夜用石鹸で頭皮を洗い始めて、痒みや抜け毛からようやく開放されました。
刺激がすくなく潤いが保たれる感じが良いのだと思えます。(適度なふんわり感が出るのも嬉しいです。)
ホルモン療法の副作用からかなり開放されて、治療をもう少し頑張っていこうと思います。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:14 | Comment(4) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

血糖値を下げる効果のあるリコピンの抗酸化力に期待したい。

抗がん剤治療後から、いくつもの体の不具合に悩まされている一つに、3ヶ月ごとに10ポイントも数値が上がる血糖値、生活は全く変えていない分、不安が大きい。
理想的な90から今や130です。血糖値を下げる効果のあるリコピンの抗酸化力に期待したい。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 14:09 | Comment(0) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

骨密度測定結果にため息

2回目の骨密度測定の結果は、ホルモン療法の副作用を知らしめるものでした。
老年期に入り否が応でも骨粗しょう症が心配なのに、わずか3年(ホルモン療法は実質2年5ヵ月)で10ポイントも落ちていたのは...      さてどうしたものか。
納豆にバナナヨーグルトは毎日の生活に馴染んでしまったが、適度な運動(最近小走りが良いと知った)に、じゃこやひじきをプラスしようか。

骨粗鬆症予防のためのカルシウム、ビタミンD、ビタミンK摂取目標

カルシュウム(800mg)は、    バナナヨーグルト・じゃこ・小松菜・干しエビ などから
                     (小松菜 じゃこ ごま)(干しエビ入りお好み焼き)
ビタミンD(400〜800IU)は、  鮭・さんま + 日光浴 などから
                   
ビタミンK(250〜300IU)は、  納豆・ブロッコリー・キャベツ などから
タンパク質(女性50g)は、     魚介類・大豆製品・肉などから

毎日のことなので、できる組立で長く頑張ることですから。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 16:04 | Comment(2) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

ホルモン療法の副作用には関節痛も

私の場合 ホルモン療法とともにひざ関節の痛みには朝一辛いのですが、治療法なので仕方ないかと思っています。
しかし、二度目のホルモン療法から半年後の手首の痛み(はね指と言われる症状)には長いこと悩まされています。右手首は3ヶ月で良くなったのに左手首はなかなか痛みが引きません。
そこで考えてみたのですが、右手は頭脳的作業で左手は力仕事が担当なんですね。左手って思いのほか過酷なんです。治れないんです。かと言って使わずには一日が終らない主婦はしんどい。温泉にでもしばらく浸かっていたら良くなれると思うのですが〜ね。湿布が手放せません。
関節痛なので、温めるのが一番のようです。お風呂に入るとすぅと痛みから解放されます。

めぐりズム 蒸気の温熱シート 爽快感プラス 16枚入

新品価格
¥1,246から
(2013/9/30 10:45時点)





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 10:39 | Comment(0) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

抗がん剤(ホルモン療法薬)服用中の手湿疹

私の場合、初回左胸温存手術を受けてホルモン療法に入ったわけですが、ひどい手湿疹に悩まされました。左手薬指、中指、小指と手指の間の広範囲に痒みと痛みで辛かったです。処方薬もあまり効きませんでしたし市販薬でも良くはなりませんでした。
我が家の困ったらこの薬、デントヘルス。発赤が両ほほに出て赤みだけではなく化膿しかけたときに使用しました。殺菌効果が強いので、口のまわりにできるヘルペスには良く効きます。でも、再手術のために再入院をして、服用していた抗がん剤とホルモン療法の薬をやめたら4・5日できれいに治りました。薬のせいか、水を使う生活を休んだせいかはわかりませんが。今ホルモン療法を受けていて、額と手指に症状が出始めるとデントヘルスのお世話になっております。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 11:11 | Comment(0) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

ホルモン療法とは、女性ホルモンを排除する治療?

少なくなった女性ホルモンをさらに抑制されると...夏でもお肌は保湿を欲しがります。

保湿対策に効果のある栄養素と食品
美白・老化対策に効果のある栄養素と食品 保湿効果がある栄養素は脂肪の多い魚類、種実類、植物油などに含まれるビタミンEで、これに水分摂取を心がける必要があります。乾燥の目立つ部位には保湿剤や保湿化粧品で潤いを与えたり、加湿器などで生活空間の湿度を調整することも考慮しましょう。

■保湿対策に効果のある栄養素と食品
ビタミンE たらこ・卵・うなぎの蒲焼・真鯛・にしん・ぶり・大豆・植物油・バター・マヨネーズ・ドレッシング・アーモンド・落花生・ごま・モロヘイヤ・かぼちゃ・アボカド
脂肪の多い魚 マグロのトロ・はまち・いわし・養殖真鯛・さば・にしん・ぶり・さんま・うなぎの蒲焼・鮭
植物油 オリーブ油・菜種油・しそ油・えごま油

そして、たっぷり使える保湿ジェル。
この夏、洗顔後オールインワンジェルをたっぷり塗って、BBクリームで紫外線除けを心がけました。また帽子と手袋が一年中のアイテム、これで乗り切りました。(痒みで気が狂いそうになった頭皮疾患には、薬用スキンケアシャンプー)






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:56 | Comment(0) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

ホルモン療法の副作用

再手術後、二度目のホルモン療法に入って1年と3ヶ月、今一番つらい副作用が手首の痛みです。
10ヶ月時点で右手首が、ドアノブも回せないほどひどい痛みにあせりました。
最初は右手首で思い当たる動きもあったので、経験上腱鞘炎を疑いました。
湿布を貼ったり、サポーターを着けてみたりしてみましたが2ヶ月間は少しも良くはなりませんでした。
少し前に骨転移を疑われていたので先生に聞くのも恐ろしく、悶々としていると3ヶ月が過ぎようとしていたころにすっと痛みが和らいできました。
ほっとする間もなく左手首に同じような痛みが!そして思ったことは、骨転移でもなく腱鞘炎でもなかった。
副作用で膝と同じように手首の関節痛(はねゆびと言われる症状)もあるようです。
まだ知らない副作用があるのかな〜。痛み対策としては、風呂に入って温まるとスッと痛みが消えます。

ホルモン療法はつらくないか?

「たしかに化学療法の副作用は、吐き気、倦怠感など強いものがありますが、一時的なものであり、3カ月とか半年とかの一定期間がんばれば何とかおさまります。
これに対してホルモン療法は、5年間とかの長い期間をかけて治療効果を及ぼすものですから、1日あたりの副作用は小さくても、毎日毎日の副作用が延々と続いていけば、非常につらい思いをする場合があります。
私がよく表現するのは、抗がん剤はストレートパンチだが、ホルモン療法はボディーブローのような感じということ。
一発一発はたいしたことなくても、ジワジワときいていって生活の質(QOL)を低下させる可能性があるので、ホルモン療法はラクだよ、という言い方は決してしないようにしています」 現場の先生の言葉です。
 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:20 | Comment(2) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

乳がんの抗がん剤治療では、爪障害が現れることが多い。

乳がんの抗がん剤治療では、爪障害が現れることが多い。
ひどい場合は爪がはがれてしまうなど、大きな痛みを伴うことも多い。
そういった状況を改善するのに、大きな期待が寄せられているのが凍結手袋、いわゆるフローズングローブだ。
改良型も間もなく登場するという。

初期の段階では爪に線が入ったり、反ったりする。ひどくなると爪がはがれてしまうほどで、痛みを伴うこともある。

タキソテール(*)は、日本では乳がんをはじめ、非小細胞肺がんや胃がん、卵巣がんなど適応範囲の広い抗がん剤だ。
そのタキソテールで副作用の1つとしてやっかいなのが爪障害である。

爪障害をおこしやすい抗がん剤としてタキソテールのほか、ファルモルビシン(*)やアドリアシン(*)などが知られているが、「タキソテールは深刻です」と、大阪府立成人病センター乳腺・内分泌外科副部長の中山貴寛さんは指摘する。

「ファルモルビシンなどアンスラサイクリン系の薬剤では爪が黒く変色するのが特徴で、生活が困難になるほどの爪障害はあまり見られません。
しかし、タキソテールはひどい場合は爪がはがれてしまうほどで、大きな苦痛を伴うことも多いのです」

爪障害が起こりやすい薬剤
•ドセタキセル
•パクリタキセル
•エピルビシン
•ドキソルビシン
•シクロホスファミド
•フルオロウラシル
•ブレオマイシン

乳がんの術前・術後の化学療法や再発後の治療においてタキソテールは中心的な薬であり、アンスラサイクリン系の薬を組み合わせて使うことも多いため、爪障害が頻発するという。

乳がんの研究グループが行った多施設共同臨床試験では、タキソテールの投与を受けた患者さんへのアンケート調査から、爪・皮膚障害は手で約90%、足で65%と高い確率で発生していることが明らかになった。

「爪に線が入ったり黒ずむ程度の人もいれば、爪が脆くなって割れたり、感染を起こして剥離にまで進行する人もいます。
爪の変化が出てきてしまうと、簡単には治らないので、『症状が出てから治療する』というのではなく、あらかじめ予防をしておくべきでしょう」と中山さんは話す。

*タキソテール=一般名ドセタキセル
*ファルモルビシン=一般名エピルビシン
*アドリアシン=一般名ドキソルビシン

私の場合、TC療法で ドセタキセル・シクロホスファミドが使われていたと思われます。
回数ごとに横縞が入り黒ずみましたが爪が伸びるとともに回復しました。
やはり、期間限定とはいえ脱毛が辛かったです。
がそれも時が過ぎればしっかり生えてきました。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:36 | Comment(0) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

乳がんに体重増加は望ましくない

食べる順番ダイエットの方法 (乳がんでは体重増加は望ましくないと言われています。)

食べる順番ダイエットの方法とやり方としては1番最初に食物繊維をとります。サラダやキノコ類などの食物繊維を最初にとることで血糖値の急激な上昇を抑えます。
血糖値を急激に上げないことはダイエットにすごく大切なことです。
また、サラダやキノコなどの食物繊維は基本的には食べきることが重要。

食べる順番ダイエットの方法とやり方としては2番目にタンパク質をとります。
肉や魚などのおかずとしてタンパク質をとるようにします。
そしてここで重要なことはごはんと一緒におかずとしてのタンパク質をとらないことです。
つまりおかずだけを食べる、といことになります。
ここでも基本的にはおかずは全部食べきること。
じっくりとよく噛んで食べることで満腹感も違ってきます。

食べる順番ダイエットの方法とやり方の3番目にくるのが炭水化物です。
ここで初めてご飯やパン類などの炭水化物を食べることになります。
サラダやキノコなどの食物繊維や肉や魚などのタンパク質は基本的にはすべて食べきる、というのが食べる順番ダイエットのルールでしたが、この3番目の炭水化物に関してだけはお腹がいっぱいになった時点で残したら効果大。
(と言うよりは無理に全部食べきらない)
ここまで食べてきて満腹に感じる量が本来の食事量として最適なものである、というのが食べる順番ダイエットの考え方です。

小走りダイエット

体内筋肉を鍛えながら激しい運動ではなく、小走りに走ることで楽に膝に負担をかけずに体重も落ちて来ます。
脂肪を燃焼させる運動の方法
決して早く走る必要はありません。
早く走ると15分間も持続する事はできません。
ゆっくりちょっと小走り程度のジョギングを15分以上続ければ、それだけでかなりの脂肪が燃焼する事でしょう。
スポーツクラブに行っている人は自転車漕ぎでも同じ効果が得られます。
何よりも大事な事はあなたにあった長い時間連続して運動できる方法を見つける事です。
そのとき酸素を大量に取り込む事を忘れないでください。
酸素を取り込まなければせっかくの運動も脂肪を燃焼させていない事になります。
最近の情報ではビタミンDも大きく貢献しているとありました。
適度な日光浴は必要なようです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 10:39 | Comment(0) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

抗がん剤による脱毛は頭皮を冷やすと毛が抜けにくくなる

抗がん剤の副作用として起き、患者に強い精神的苦痛を強いる脱毛を予防・軽減する頭皮冷却装置が欧州を中心に普及している。
副作用の脱毛を防ぐ頭皮冷却キャップ、投与の約1時間前から終了後30分間かぶるだけ血流量が減り、抗がん剤が届きにくくなる。
日本では未承認だが、乳がん患者の同意を得て200人以上に使った医療機関で、効果と安全性を示すデータが示された。
年内にも承認申請に向けた治験(臨床試験)が始まる。
患者には朗報です。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 10:22 | Comment(0) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする