2017年05月27日

副作用で高血圧になり、降圧剤を飲み始めたが。

副作用から血圧が上がり、頭がもわ〜んと説明しがたい感じから、降圧剤を飲み始めた。
以前はホルモン治療と合わせて、乳腺外科から降圧剤とカルシュウム+ビタミンDを処方されていたが、ホルモン治療終了と共に全ての薬をやめてみましたが、上記の症状で降圧剤は再度飲むことになりました。
処方は循環器内科の医師にに変わりました。そして3回目の薬の処方で一日一錠が2錠になりました。
私は数値的には140から150程度であり、頭がもわ〜んの症状も出ないので、一日一錠で良いと思っていました。昔言われていた、年齢+90の数値からしたらとそう思いましたが、医師は2錠飲ませたいらしい。
そして、2錠の生活が始まってみると、朝の散歩での立ちくらみが起き、数値も128とか130台がでるようにはなりましたが、立ちくらみに加えて、口の渇き、喉の痛みとたんの絡みが酷いことになった。
私は朝の一錠にしました。
次週、医師になんと言われるか?
でも数値は140〜145の間でいるし、体調も良い、他の症状も和らいだので、そう説明しようと思っている。世界の血圧の数値は150のようですが、日本は下げているらしい、なぜ?

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:24 | Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

高血圧の処方箋は90日まで、は本当でした。

乳癌とは同病院ながら、循環器内科の別診療になり、処方箋が毎回検査有の2ヵ月分になり半年。
心臓や心電図、尿検査に異常があったと言っては、膀胱や腎臓のスキャン、そして毎回の血液と尿検査、いずれも問題なし。
もう、処方箋だけにしてほしいと思いました。

当日の検査を見て、意を決して言ってみました。お薬は3か月になりませんか?と。 いいよ、90日がマックスだから、次回は一週間早くなるけどね。
ついでに、検査はまだありますか?と言ってみました。 お陰様で検査では問題なし、と出たので思い切って言ってみたのです。

近くの医院になると、毎月行くことになるそうです。 それも避けたいが、不必要の検査も受けたくない。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:19 | Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

新薬オプジーボはどこまで治療できる?

がん免疫
オプジーボは免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれる薬。通常、がん細胞が体の中にできるとキラーT細胞という免疫細胞が、がんを攻撃する。しかし、がん細胞は攻撃されないように、免疫細胞にブレーキをかけるPD-L1という物質を作り出すことができる。オプジーボはその免疫機能のブレーキを外して、人間の身体が本来持っている、がん細胞を叩く力を発揮させる薬なのだ。

しかしながら、一番心配な有害事象は薬剤性の肺障害です。日本人は抗がん薬などで肺障害を起こしやすい人種と言われ、注意が必要です。オプジーボでは肺障害は起きても軽症で済むことが多いと思われますが、死亡例が出た報告もあります。肺障害のない患者さんから使い始め、慎重に見ていく必要があると思います。

もろ手をあげて、これでもう大丈夫と言えないもどかしさがあるようだ。それでも、これからも目を離せない治療法ではあります。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:45 | Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

欲しかった流し用生ごみ水切り器

流しの生ごみの水切り器です。簡便でいつでもさっと洗って清潔に使える、流しに置けるクード生ごみ水切り器、欲しかったものなので新規投稿してみました。                       
三角コーナーとして使える、モダンなデザインの生ゴミの水切り器。V字になった部分にゴミを入れ、閉じることで簡単に水切りできます。市販の三角コーナー用の袋をセットしてもOK。取っ手付きの袋なら、4か所のフックに掛けられます。使わないときは折りたたむことができるので、シンク内を広く使えるのもうれしいところ。分解可能で洗いやすく、清潔さをキープできます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 11:24 | Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

血液検査結果における腫瘍マーカーの数値

検査結果にも慣れたようです。
前回の血液検査では、とんでもない!数値のように驚かれた検査項目なのに、今回その検査項目がない。
採血のとき、検査技師さんに聞いてみましたが、今回の依頼項目には入っていないと。
医師との面談で、体調を聞かれ、「体調はいいです、でも癌はそれではわからないんですよね。」なんて言ってしまった。本音です。もう開放されたいんです。検査&診察で待つ3時間半から。

薬の処方箋が、90日までと厳しくなったと言っていましたが、3ヶ月ごとの曜日が決まっている、我々長期患者には困ったことになります。
12週×7日=84日 13週×7日=91日 と計算すると、毎回12週での処方になります。となると、日にちがずれてしまう。案外面倒なことです。
90日でなければならない不都合はないと思いますが?
もしや、どこからか圧力でもかかったのでしようか?常勤も非常勤も週1や週3で担当医の曜日が決まっています。
患者も医師もメリットだらけで、91日ではいけないデメリットは、どこにもないですはずです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 11:31 | Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

コウモリが!屋根裏に入って来る!

コウモリが屋根裏に出入りして困っています。
この家に引っ越して来て10年になります。最近になって、息子が2階の和室で生活するようになって知ったのですが、5月6月頃に、コウモリが部屋まで入って来たと言って大騒ぎになりました。
進入口が分からないので防ぎようがありません。とりあえず部屋までは入らないように目張りをして凌いできましたが、なにしろ羽音やスタスタと足音もします。外でも見かけたことがあります。困りはてました。
今回コウモリが来る前に、外装塗装を頼みまして、足場を組んで徹底的に進入口を塞いでもらう作戦です。他に確かな方法が見つかりません。
知らなかったのですが、コウモリは、鳥獣保護法という法律で許可無くコウモリを殺してしまうことが禁止されているんですね。
仲良く住み分けしたいと思いますが〜



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:25 | Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

血液検査結果と長〜いホルモン療法

乳がん再手術、そして抗がん剤治療から3年、ホルモン療法という長期薬物療法中です。
その間、3ヶ月に一度飲み薬の処方をしてもらうのですが、必ずなにかしら検査があるのは?
昨日は血液検査、少し気になる項目はあるが、治療は特に言われなかった。抗がん剤治療で肝臓、腎臓に出た副作用が範囲を超えた数値になっている。気がかりではあります。
次回は、マンモとエコーのセットです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:31 | Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

羽生結弦選手のエキシビジョンでの滑り、パリの散歩道がすごい!

国別対抗で行われた、羽生結弦選手のエキシビジョンでのパリの散歩道がすごかった!
羽生選手も、エキシビジョンでパーヘクトか と言っていたように、みんなを魅了する滑りは圧巻でした。
彼には間違いなく、記憶に残る題材であり振り付けでしょう。
応援している私も宝物に出会えた幸運を喜びたいと思いました。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 10:33 | Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

乳がんには針生検と言われる検査があります。人生で一番耐え難い痛みでした。

検査や治療には少なからず痛みが伴いますが、私の場合病院が違ったら、看護師が違ったら避けられた耐えがたい痛みが2度ありました。
骨折のプレートとボルトを取り除く手術のための点滴の針を打つときに、なぜか3本の針を用意してきた看護師さん。一本目の針はうまくいかず、2本目もうまく血管が捉えられない。そして3本目、またもやはずし、もはやこれまでとばかりに、腕の中で血管を探り始めた。あまりの痛みに耐え切れず 変わってください と言いました。 
そして2回目が乳がんの検査を受けたクリニックでの針生検です。これは技術がないのではなく、方法に問題があったのです。 患部に針を注し、多くの細胞を採ろうとくねくねと針を動かしつつけました。それはもう悶絶です。しかも仕方のないことなので我慢して、という感じでした。
この2件のことがあって、針生検にはものすごく抵抗がありました。
ところが、今回甲状線の針生検を受けたところ、方法が明らかに違いました。針を注して吸引しているんです。回数は1から3回と増えますが、痛みは普通の採血のときのようなものでした。
私が経験したあの耐え難い痛みはなんだったんでしょう。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:18 | Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

乳がんになっていまさら思うこと、こんな症状があった!

今になって思うこと。
乳がんになっていた左側の肩甲骨あたりが、どうしょうもなく痛いほどに凝っていたこと。
身に覚えがないのに、左側の肩甲骨あたりが凝る。
初回の温存方での手術が終わってしばらくして気がついたのが、肩甲骨の凝りがらくになっていること。
そしていつの間にかまた、依然と同じように凝りがつらくなってからしばらくしての検査後に局所再発を言われた。
そのときは乳がんと肩甲骨の凝りを結びつけて考えることは出来なかったが、全滴の手術を終えた跡にやはり肩甲骨の痛みが消えていたときに、もしかして乳がんのせいで肩甲骨の凝りがでたのではないかと思える。
私だけの症状だろうか、今は全く凝りはなくなりました。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 13:22 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする