2017年11月06日

消えた地域猫のその後

消えた地域猫の紆余曲折のその後は、信号機の近くのマンションの駐車場の周りの植木の下で見つけました。
驚くことに、母猫も生きていた!
事故死の猫は別の野良猫?
その後しばらく母猫と子猫達は、呼べば来るので餌をあげていました。
台風(選挙の投票日)に、子猫の一匹のサバトラがギャーギャーと大泣きをしていました。そこには母猫はいませんで、どうも探して呼んでいるようでした。
とにかく餌をあげてもおさまりません。マンションの若いご夫婦も心配して見にに来て下さった程の騒ぎようでした。
可哀そうに、子離れされて置いてけぼりにされたようです。翌日も泣き叫んでいました。
それからは、子猫達だけで食べにきています。以来母猫は見ません。厳しいものですね。
今は4匹がそろうこともこともありますが、2匹、3匹と食べに来ています。
中でもクロは、可笑しな癖を身につけたのか、餌箱をひっくり返されます。
大きなサバトラ、綺麗なまだらのべっぴんさん、色の薄い茶トラ、一番小さいクロと、なんとか4匹が育っています。ちなみに、母猫はさびでした、どうなっているんでしょうね?

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


posted by 夏ちゃん at 12:25 | Comment(4) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にゃんこちゃんたち元気でよかった。
これから厳しい冬がやってくるので・・・
Posted by 和 八葉 at 2017年11月08日 04:16
和 八葉 さんこんにちは。

母猫の事故死情報から紆余曲折ありました。
動物の世界は厳しく、時期が来たら母猫は子離れして行ってしまうんですね。
子猫たちも少しは慣れてきて、それぞれ来たり来なかったりですが、元気にしています。
これから寒くなります。子猫たちにとっては初めての冬、守る親猫のいない寒さはことさら寒いかと思います。
Posted by 夏ちゃん at 2017年11月08日 12:12
良かったですね〜
仔猫が乳離れしたのなら
お母さんは避妊手術した方がいいですね。
とはいえ・・・何処かに行っちゃったんですね。

母猫は餌場を子供に譲るそうですよ。
仔猫ちゃんも元気に冬を乗り越えて欲しいですね。
Posted by ROUGE at 2017年11月11日 12:50
ROUGE さん、こんにちは。

母猫は餌場を子供に譲る、そうなんですね。

母猫はとても苦労をして、子育てしていました。
調整池の草むらで、カラスや意地悪猫から守りながら必死で餌を食べにきていました。
それでも、悪猫に追いかけられて、居場所を変え子育てをしていました。
これからのことも考えてはいたのですが・・・
Posted by 夏ちゃん at 2017年11月14日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: