2017年06月08日

血圧降下剤の副作用と適量

昨日の循環器内科の検診で、驚いてしまった事。
前々回から薬の量が2錠になった。何も訴えたこともなく数値も落ち着いていたので、なぜ?と思いながらも2錠を飲んでみました。
立ちくらみがした。それまでにはなかったことです。しばらくすると、口の渇きがひどいし喉の痛みに痰まで絡むようになりました。
他にはなにも飲んでいないので、あきらかに降圧剤の副作用です。
医師に相談せずに、朝の1錠だけにしました。
思惑どうり2週間もしたら、立ちくらみもなくなり他の症状も薄らいできました。
この時期からの血圧測定の数値を持って、医師に話をしました。
前回の血液検査の確認と私の数値で、1錠の処方に変えることができました。

薬局では、‘この薬は朝の1錠の処方なのですが、この病院では時々2錠の処方が出される‘と言ってましたが、その情報は薬局ではなかったよ! 患者は知らないので、人体実験をしてから変えてもらうの?
薬によっては、恐ろしい副作用もありますから教えてくださいよ! その料金はとっているでしょ。などと思いましたけど、これで次回も検査なしで処方箋も3ヶ月弱になりました。
長く飲む薬ですから、きちんと納得したいところです。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


posted by 夏ちゃん at 12:25 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: