2017年02月20日

ホルモン治療を止めて4か月、誰もが抱く不安に襲われる

あの時は、ホルモン治療による副作用が辛く、10年も有りと言われたけれど”基本は5年”の言葉を引き出し、申し出て終了とした。
経過は思ったように、膝の痛み、手の関節の痛みもなくなり、前髪も伸びてきたといいことばかり。リンパ節の摘出による腕の浮腫は生涯付き合うものなので、常に警戒しているがこのことが別の症状を引き起こす。常に罹患した側をかばうあまりに、股関節の外側に負担をかけていて、歩けないほどの痛みも経験した。でも、対処できるストレッチを覚えてからは大丈夫。まあ、高血圧は引きずっていますが、年相応の身体は取り戻せたかなと思える。
そして4か月、頭の片隅に転移、再発の文字がよぎる。誰もが抱える不安のようですが、私も例外ではなかったようです。
4月には、ホルモン治療終了後はじめての検査、何事もないことを願っています。
そして、忘れたい!


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


posted by 夏ちゃん at 11:15 | Comment(2) | ホルモン治療終了して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホルモン治療、終わったんですね。
私はまだまだ2年目ですから気が遠いです。
やっぱり止めた途端、副作用から開放されるんですね。
いいなぁ〜

転移とか起こりませんように。
他人事じゃないですもの・・・
Posted by ROUGE at 2017年02月21日 12:21
ROUGEさん、コメントありがとうございました。
初回術後1年とちょっと、再手術後5年なので思い切って担当医に話しました。副作用が辛いし5年になりましたと。
思いもよらず、あっさりと基本は5年だからいいでしょう、のような感じで拍子抜けしました。
だいぶ前には、今は10年だからと当たり前のように言われたのに。なにが本当なんだろうか?
とりあえず数値に乱れがなかったことで、私はきめました。これからのことはわかりませんが、身体は本当に楽になりました。

Posted by 夏ちゃん at 2017年02月23日 12:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: