2016年04月21日

血液検査結果における腫瘍マーカーの数値

検査結果にも慣れたようです。
前回の血液検査では、とんでもない!数値のように驚かれた検査項目なのに、今回その検査項目がない。
採血のとき、検査技師さんに聞いてみましたが、今回の依頼項目には入っていないと。
医師との面談で、体調を聞かれ、「体調はいいです、でも癌はそれではわからないんですよね。」なんて言ってしまった。本音です。もう開放されたいんです。検査&診察で待つ3時間半から。

薬の処方箋が、90日までと厳しくなったと言っていましたが、3ヶ月ごとの曜日が決まっている、我々長期患者には困ったことになります。
12週×7日=84日 13週×7日=91日 と計算すると、毎回12週での処方になります。となると、日にちがずれてしまう。案外面倒なことです。
90日でなければならない不都合はないと思いますが?
もしや、どこからか圧力でもかかったのでしようか?常勤も非常勤も週1や週3で担当医の曜日が決まっています。
患者も医師もメリットだらけで、91日ではいけないデメリットは、どこにもないですはずです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


posted by 夏ちゃん at 11:31 | Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
薬の処方日数、どういう理由なんでしょうかね〜。
理由を聞いてみたら?
Posted by 和 八葉 at 2016年04月23日 08:30
和 八葉 さんこんにちは
調べてみました。
14年に新薬は14日、心疾患のお薬では制限があるが、医師の処方での上限はなくなったとうです。なのに売り手側から30日分割やあ、90日など話がでているという状況はあるようです。
日本のあらゆる業界は、いつも受けて側よりは業界側に肩入れをするように思えます。
断固91日にして、非常勤医師や隔日診察医師と患者の利便を優先して、91日にしていただきたい。
Posted by 夏ちゃん at 2016年04月23日 12:42
こんばんは。

お薬の問題って、いろいろありますね。
病院と薬剤メーカーとの間に何かあるのでしょうか?
患者さん側としては、納得いく回答が欲しいところですね。



Posted by 夏雪草 at 2016年04月30日 00:38
夏雪草 さん コメントありがとうございます。
3ヶ月に一度、検診に行くわけですが、13週91日が決まった曜日の日にちの近い日数になります。
私の場合、曜日の決まった週3日が担当医の検診日です。これが一日の違いで曜日が違ったりするのは困ることが多いのです。
今現在は、いくつかの薬以外は医師の処方で上限はないのですが、今検討されているなかに90日とか30日3回の分割処方があるようです。
ある方面からの圧力が感じられます。
Posted by 夏ちゃん at 2016年05月02日 10:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: