2015年02月14日

甲状線に腫瘍があると指摘されて経過観察してきたが、今回甲状腺針生検を受けた!

乳腺外科の資料(エコー検査結果)のもと同病院の耳鼻咽喉科に行きました。
その日、副鼻腔炎で初めての診察に加えて外科からの紹介ということですが、鼻も即手術と言い、甲状腺も甲状腺針生検を3ヶ月ごとに3回とまくしたてられ、鼻の抗生物質の処方箋をもらい逃げ帰ってきました。
とても素直には受け入れられませんでした。初回の検診で疑問があったら念のためもう一度検査しましょう、もしくは他の検査で確認ということなら納得ですが。
幸い、病院側の都合で院長先生が担当医になり、鼻の治療は受けてきました。が、甲状腺は他の専門クリニックにしました。(クリニックでは血液検査では問題ないので、エコー等で経過を見てきました。)今回こちらで甲状腺針生検を決断したのは、担当医が変わって不安なことも話せるようになり、納得できる説明を受けられたからです。遠回りしましたが、信頼はできました。結果は、今後は念年に一度のエコー検査程度でよいということになりました。
甲状線腫瘍には私のように乳がんのエコー検査で見つかりましたが、知らずに一生を終えることも多いと外科の先生からは聞いていました。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


posted by 夏ちゃん at 12:33 | Comment(0) | 甲状腺の腫瘍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: