2014年10月23日

乳がん定期健診・副鼻腔炎・甲状腺腫瘍・処方薬が大袋

3回目の骨密度検査、長期ホルモン薬の副作用で女性ホルモンと深くかかわる骨密度の低下は深刻です。
約束事のように、骨密度は低下していて気になるので私の場合、予防的にカルシュウムとビタミンDを処方された。結果3ヶ月ぶんとはいえ、大袋にいっぱいの薬、恐ろしくなります。
白血球の数値が高く、次回の検査に腹部エコーが加わったがいったい何を予想しているのだろうか?調べてみると1年ほど前にも、100越えの高めの数値が出ていたが特に検査はなかった。また一つ心配が増えた。
副鼻腔炎は私てきにはかなり良くなっていますが、医師の話は前回と同じ、重大な腫瘍などは考えられないが片側なので、その原因は何かを手術で確認しておいた方が良い。
来年早々手術になりそうです。これ以上逃げ切れないかな〜 


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


posted by 夏ちゃん at 11:44 | Comment(2) | 片側副鼻腔炎の一年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
闘病生活辛いね、でも決して負けないで!!
陰ながら応援していますよ。
Posted by 和 八葉 at 2014年10月25日 10:27
こんばんは。

初めまして。

ブログ読ませていただきました。

私は乳癌の全摘後に甲状腺を亜全摘し、来週副鼻腔炎の術後性上顎嚢胞の手術をします。

キーワードがとても似ていたのでコメントさせていただきました。


またお邪魔させてください(´◡`๑)
Posted by すー at 2015年02月06日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: