2014年05月23日

甲状腺腫瘍のエコーと血液検査結果によっては摘出手術もと考えていた

一年になる甲状腺検査、結果によってはもう摘出したほうがよいのかな。
そんな気持ちをもって、医師の話を聞いた。
血液検査では、数値的には特に問題はないと。あれ〜、前回と同じ〜
なので次回8月まで様子をみましょうと言う事になりました。
もし腫瘍摘出となれば、今の大きさでも甲状腺の半分以上は摘出するそうです。
そうすると機能を補うためにホルモン剤を終生飲むことになる。
とらなくて良いものならこのままそっと静まってくれたらいいのに。
甲状腺腫瘍は案外持っている人が多いが、知らずに過ごして終える人も多いと聞きます。
私もそのタイプであってくれたらいいのに。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


posted by 夏ちゃん at 13:14 | Comment(2) | 甲状腺の腫瘍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
摘出しないで済むことを祈念しております。
15年ほど前の話ですが、知人から腰痛なら気功師を紹介するというので治療に行きました。行かなくても電話でも気を送るのでいいというんです、動物病院から見放された犬が気を送ったら元気になったというんです。えっ、犬が電話口にでたの?いや、犬の場合は直接気を送ったというので、それなら、私も電話でなく直接伺いました。信じないと効果がないといわれましたが。信じなかったので効果はありませんでした。
この気功師、乳がんも気功で治すというんです。ただし、メスが入ったらダメとか、にわかには信じられませんよね。
Posted by 和 八葉 at 2014年05月30日 08:41
和 八葉様
コメントをありがとうございました。
ワンちゃんの楽しい情報に、思わずフッと笑ってしまいました。
知らずに後悔するようにはなりたくないなとは思っていますし、本当に必要であるならば時期を逸しないようにしなければと考えています。


Posted by 夏ちゃん at 2014年05月30日 10:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: