2013年09月28日

出来る再発予防、やるべき免疫強化、野菜多めの食生活

 必要なことは食生活を変えてがん再発を予防する方法で、誰にでもできる!
      野菜を多くとる食生活はがん再発予防の基本

 日頃から、肉や動物性脂肪が多く野菜の量が少ない食生活を送っている人は、まず肉を少しし減らして、新鮮な野菜や果物や豆類など植物性食品の豊富な食事内容に切り替えます。
 牛肉、羊肉、豚肉などの赤身の肉は極力避けて、蛋白源は大豆製品と魚にし、四季を通じて旬の野菜や果物が豊富な食事をします。がんの1次予防の段階では、赤身の肉は「控えめ」、「1日80g以下に抑える(米国がん研究財団からの勧告)」、などの表現になっています。しかし、一旦がんになってその再発予防を目的とする場合には、がんの増殖を促進する可能性のあるものは極力減らす努力が必要です。牛肉などの赤身の肉はがん細胞の増殖を促進する働きがあり、野菜や果物はがんの増殖や悪性化の進行を抑える働きがあります。

(野菜はがん再発を予防する)
 
野菜の摂取とがんの予後を調べた報告があります。ハワイ大学のグッドマン博士たちが675人の肺がん患者の食事と生存期間の関係を6年以上にわたって調べた結果、より野菜を食べているものは平均33ヶ月生きたのに、野菜嫌いの患者は18ヶ月の生存期間であったと報告しています。また、ブリティッシュコロンビア大学のフォスター博士ががんの自然退縮(消えて無くなること)した200人を調べたところ87 %は根本的に食事を大きく変えていて、その食事はほとんど菜食主義的な食事をしていたと報告しています。
 昔から、野菜は血液をきれいに保ち、動物性食品(肉)は血を汚くすると信じられてきました。実際、野菜の中には抗酸化物質や血小板凝集抑制作用を有する成分が多く含まれているため、野菜の摂取は血液の循環を改善し、新陳代謝や免疫力を向上し、治癒力を増強されることも期待でき、結果としてがんの再発予防や治療の効果を高めることができます。

伊藤園 1日分の野菜 200ml×24本

新品価格
¥1,380から
(2013/9/30 10:14時点)


しくいただけます。

2.3箱冷凍しておいて、シャーペット状態で食べると案外美味

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


posted by 夏ちゃん at 12:25 | Comment(0) | 再発予防と免疫力強化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: