2017年12月12日

目薬の副作用で、白目の血管が破れたのか出血した。

 一週間ほど前から、白目に出血が起きて下半分が真っ赤に!
以前にもありましたが、引きも早く自覚(痛みや痒み等)はありませんでした。
今回は睫毛が入った時のように違和感や痛みがあり、引きつれたような感覚での出血。
そして毎日のように繰り返して起きる不快感、恐ろしくなりました。
 思い当たることとしては、ドライアイ目薬の使い過ぎではないかと、一日やめてみました。
テレビやパソコンと、画面を見ることが多く良かれと思ってたっぷり使っていたのが、もしかしたらの理由と思われるのです。
そして今日、新しい出血は起きていません。
改めて副作用を調べてみると、かなり恐い副作用もあるようです。

目は歯のようには、変わりがありませんから本当に恐いです。このまま治りますように。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:15 | Comment(4) | 副作用対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

ホルモン治療の副作用として始まった、高血圧

今回の検査で、悪玉コレステロールの値がさらに上がっていた。
頑張って中性脂肪を160から104まで下げての悪玉コレステロール154は?
中性脂肪とコレストロールは連動していませんでした?
朝の散歩とラジオ体操の一時間では、足りないのかな〜
次回2月は、ホルモン治療終了から2回目の血液検査。
乳房のある方とない方にも、微妙に気になるチリチリした痛みとかあったりするので不安な気持ち。
何事もありませんように。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:07 | Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

消えた地域猫のその後

消えた地域猫の紆余曲折のその後は、信号機の近くのマンションの駐車場の周りの植木の下で見つけました。
驚くことに、母猫も生きていた!
事故死の猫は別の野良猫?
その後しばらく母猫と子猫達は、呼べば来るので餌をあげていました。
台風(選挙の投票日)に、子猫の一匹のサバトラがギャーギャーと大泣きをしていました。そこには母猫はいませんで、どうも探して呼んでいるようでした。
とにかく餌をあげてもおさまりません。マンションの若いご夫婦も心配して見にに来て下さった程の騒ぎようでした。
可哀そうに、子離れされて置いてけぼりにされたようです。翌日も泣き叫んでいました。
それからは、子猫達だけで食べにきています。以来母猫は見ません。厳しいものですね。
今は4匹がそろうこともこともありますが、2匹、3匹と食べに来ています。
中でもクロは、可笑しな癖を身につけたのか、餌箱をひっくり返されます。
大きなサバトラ、綺麗なまだらのべっぴんさん、色の薄い茶トラ、一番小さいクロと、なんとか4匹が育っています。ちなみに、母猫はさびでした、どうなっているんでしょうね?

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
posted by 夏ちゃん at 12:25 | Comment(4) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする